企業の債務整理なら民事再生


個人ではなく企業の債務整理を行いたいなら民事再生が良いでしょう。
民事再生は債務体質が悪化した企業の債務を合理的に整理して倒産を防ぐことができます。

民事再生の仕組みは借金の元本を減らすことです。
つまり、民事再生を申請した企業が返済可能と見なされる借金額にまで元本を圧縮するため、その後の返済に負担が少なくなります。

また、民事再生が成立した後の金利支払いが免除されます。
したがって、借金の元本が圧縮されるだけではなく、借金の金利も無くなるので企業を守る債務整理となっています。

ただし、民事再生は3年間で返済する計画を立てることが基本です。
例外として5年間の返済計画が認められる場合もありますが、いずれにしても計画的に借金を返済しなくてはなりません。

また、細かな手続きや返済計画を立てなくてはならないので専門家のサポートは必須です。個人で行うのは難しい債務整理ですので、まずは専門家へ相談することから始めましょう。

カテゴリー: 多額の借金を債務整理するなら   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります