債務整理の前に過払い金請求


借金問題の解決には債務整理が有効ですが、借金の規模によっては必ずしも債務整理を必要としません。特に長い期間借金を返済してきた方なら、過払い金請求によって借金の返済が賄える場合があります。
過払い金請求とは過去に支払ってきた金利に不当なものがあれば、その分が債務者に返還される仕組みです。

近年の貸金業者は不当な金利を見直していますが、かつては法定金利を超えた金利を課していたところも少なくありません。そのため、過去に支払った金利が不当と認められれば、債務者へ支払った金利が返還されます。

ただし、過払い金請求には過去の取引履歴が必要です。
貸金業者によっては取引履歴の発行に時間が掛かることもあるので、過払い金請求がスムーズに進まないこともあります。

また、過払い金請求の交渉にも時間が必要なので、ある程度余裕を持って過払い金請求を行うことが必要です。いずれにしても自分ひとりでは難しいので、専門家へ相談してみましょう。

カテゴリー: 多額の借金を債務整理するなら   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります