特定調停による債務整理


借金の負担を軽減するための債務整理なら特定調停が良いでしょう。
特定調停とは債権者と話し合ったうえで、無理のない返済計画を立てることです。
分かりやすく言えば、返済できない額になってしまった借金を無理なく返済できる金額へスケールダウンすることと考えれば良いでしょう。

特定調停が成立すると以降の利息は支払いが免除されます。
いわゆる借金の見直しが第三者を交えて行われるため、過払い金があった場合は返済計画から差し引かれます。つまり、適切な借金額に見直すことができるのも特定調停のメリットです。

注意点としては特定調停で立てた返済計画は必ず守る義務があることです。
公的な文書で返済計画が立てられていますので、もし返済を怠った場合には強制執行されるおそれもあります。強制執行では一括返済の義務が生じるだけではなく、財産類の差し押さえも可能です。

特定調停で借金の返済計画を見直す際には無理のない内容にしておきましょう。

カテゴリー: いろいろな債務整理について   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります